SADAO WATANABE "MBALI AFRICA"
featuring Richard Bona

渡辺貞夫 "MBALI AFRICA"
フィーチャリング・リチャード・ボナ

2012 12.16 sun.

アルバムやライヴで共演を重ねてきたふたりが
大陸や世代を超えて繰り広げる“音の対話”

活動60年を迎えた現在も、常に新しい音楽の可能性を追求。日本が世界に誇るサックス奏者、渡辺貞夫がリチャード・ボナを加えたスペシャル・グループで1日限りのクラブ・ギグを行なう。’50年代初頭から本格的な活動を始め、’62年にはアメリカ・ボストンのバークリー音楽院(現・音楽大学)に留学。’65年末に帰国し、自身のグループで日本のジャズ界を牽引する一方、後進の育成にも情熱を注いでいる。ボナはアフリカ・カメルーンに生まれ、現在はニューヨーク在住。子供の頃から渡辺貞夫の音楽に親しみ、一緒に演奏することを夢見ていたという。1999年に初めて出会って以来、数々のアルバムやライヴで共演を重ねてきたふたり。世代や国境を超えた“音の会話”で、冬の夜をとびきり暖かくしてくれることだろう。

公演詳細情報

TITLE

SADAO WATANABE "MBALI AFRICA"
featuring Richard Bona

渡辺貞夫 "MBALI AFRICA"
フィーチャリング・リチャード・ボナ

DATE & SHOWTIMES

2012 12.16 sun.

[1st]Open3:00pm Start4:00pm [2nd]Open6:00pm Start7:15pm

MEMBER

Sadao Watanabe(sax)

渡辺貞夫(サックス)

Richard Bona(b)

リチャード・ボナ(ベース)

Etienne Stadwijk(p)

エティエンヌ・スタッドウィック(ピアノ)

Takashi Yofu(g)

養父貴(ギター)

Obed Calvaire(ds)

オベド・カルヴェール(ドラムス)

Steve Thornton(per)

スティーブ・ソーントン(パーカッション)

N'Diasse Niang(per)

ンジャセ・ニャン(パーカッション)

MUSIC CHARGE

¥8,400(税込)

TOUR

●12.15sat. は Bunkamura オーチャードホールで公演
→詳しくはhttp://t-onkyo.co.jp/ call: 03-5774-3030

ARTIST’S INFORMATION

DISCOGRAPHY

Sadao Watanabe
『カム・トゥデイ』
(ビクターエンタテインメント)

 

COME TODAY - 渡辺貞夫

Richard Bona
『ザ・テン・シェイヅ・オブ・ブルース』
(ユニバーサル ミュージック)

HMV

The Ten Shades of Blues - リチャード・ボナ

OFFICIAL SITE

渡辺貞夫

OFFICIAL SITE

Richard Bona

OFFICIAL SITE