MATT BIANCO

マット・ビアンコ

2017 8.25 fri., 8.26 sat., 8.27 sun.

U.K.ポップスの人気グループ、ネクスト・フェーズへ
"JAZZ"をテーマにした5年ぶりの新作を携えて来日

5年ぶりのスタジオ作『グラヴィティー』を、この7月にリリース。キーボード奏者マーク・フィッシャーの他界を受けて、マーク・ライリーのソロ・ユニットとして再始動したマット・ビアンコが、新体制後初の来日公演を開催する。’82年に結成され、’84年にアルバム・デビュー。ラテンやファンクの要素を取り入れた音作りで、「サンシャイン・デイ」「ハイファイ・ボサ・ノヴァ」「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」など数々のヒットを放ってきた。ニュー・アルバムでは“ジャズ”をコンセプトに、デイヴ・オ・ヒギンズ、マグナス・リンドグレンなどヨーロッパの気鋭ジャズメンと共演。新たなフェーズへと向かうマット・ビアンコを見逃すべからず!

公演詳細情報

TITLE

MATT BIANCO

マット・ビアンコ

DATE & SHOWTIMES

2017 8.25 fri., 8.26 sat., 8.27 sun.

8.25 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm
8.26 sat., 8.27 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

MEMBER

Mark Reilly(vo)

マーク・ライリー(ヴォーカル)

Elisabeth Troy(back vo)

エリザベス・トロイ(バックヴォーカル)

Graham Harvey(p, Fender Rhodes)

グラハム・ハーヴィー(ピアノ、フェンダーローズ)

Dave O Higgins(sax)

デイヴ・オ・ヒギンズ(サックス)

Martin Shaw(tp,flh)

マーティン・ショウ(トランペット、フリューゲルホーン)

Geoff Gascoyne(b)

ジェフ・ガスコイン(ベース)

Sebastiaan de Krom(ds)

セバスティアン・デ・クロム(ドラムス)

後援:英国政府観光庁

 

後援:ブリティッシュ・カウンシル

MUSIC CHARGE

¥8,500(税込)

 

→座席のレイアウトはFLOOR LAYOUTをご確認ください

→18歳以上の学生の方は、学生割引がございます。詳しくはこちら

ARTIST’S INFORMATION

DISCOGRAPHY

『グラヴィティー』
(ビクターエンタテインメント)
※2017 7.19発売

 

 

 

 

OFFICIAL SITE

OFFICIAL SITE OFFICIAL SITE [LABEL] FACEBOOK INSTAGRAM SOUNDCLOUD

VIDEOS

【Jam Session会員】
※電話予約・Web予約とも

予約開始日:6.21 wed.

【一般Web先行】

予約開始日:6.28 wed.

【一般電話】

予約開始日:7.1 sat.

 

定員数に達しましたら通常のご予約となります。詳しくはこちら