ご予約はこちら閉じる

KOICHI SATO "YAKUSYAUTA"
Live at Blue Note Tokyo
佐藤浩市「役者唄」
Live at Blue Note Tokyo

ご予約はこちら+

役者だから歌える唄がある
佐藤浩市が届けるプレミアム・ステージ

「役者だから歌える唄を」をテーマに、日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市がブルーノート東京のステージに立つ。先輩俳優の原田芳雄の唄に触れ、原田の勧めで歌い始め、これまでも定期的にライブハウスで歌声を披露してきた佐藤。昨年12月にはデビュー40周年に挑んだ初アルバム『役者唄60 ALIVE』をリリースし、寺尾聰、宇崎竜童、木梨憲武、江口洋介、小澤征悦といった錚々たるゲストとともに男臭さや不器用なかっこよさ、刹那的な弱さなど、さまざまなイメージを演じるように歌い、その豊かな表現が話題となった。今回のライヴにはレコーディングにも参加した小澤征悦と初参加の吉田栄作が登場。香りたつ大人の色気と魂の役者唄で酔わせてくれそうだ。


公演詳細情報

TITLE

KOICHI SATO "YAKUSYAUTA"
Live at Blue Note Tokyo
佐藤浩市「役者唄」
Live at Blue Note Tokyo

DATE & SHOWTIMES

    • [1st]Open5:00pm Start6:00pm
    • [2nd]Open7:45pm Start8:30pm

MEMBER

  • Koichi Sato(vo)
    佐藤浩市(ヴォーカル)
  • Kaoru Abe(ds)
    阿部薫(ドラムス)
  • Yoshihito"P"Koizumi(b)
    小泉P克人(ベース)
  • Kenta Harada(g)
    原田喧太(ギター)
  • Katsuyuki Mito(key)
    ミトカツユキ(キーボード)
  • SAYAKA(vln)
    SAYAKA(ヴァイオリン)
  • Cast:
    Cast:
  • Tsutomu Shirayanagi
    白柳力
  • Guests:
    Guests:
  • Yukiyoshi Ozawa(vo)
    小澤征悦(ヴォーカル)
  • Eisaku Yoshida(vo)
    吉田栄作(ヴォーカル)

MUSIC CHARGE


¥7,700(税込)

※店舗での新型コロナウイルス感染症に対する取り組みは、こちらをご覧ください。

※当公演におけるイベント開催時感染症対策の基本方針チェックリスト

※通常の公演と予約受付方法が異なります。ご予約はHPから(インターネット予約)承ります。サイドエリアL/R、カウンターのみ、お電話でもご予約を承ります。

※サイドエリアL/R、カウンター以外のお席は、別途シートチャージがかかります。詳細は予約ページからご確認ください。

サイドエリア L [1~4名様] 1名様 ¥7,700(税込)
サイドエリア R [1~4名様] 1名様 ¥7,700(税込)
カウンター [2名様] 1名様 ¥7,700(税込)
ボックスシート センター [6名様] 1名様 ¥11,000(税込)
ボックスシート センター [4名様] 1名様 ¥11,000(税込)
ボックスシート ペア [2名様] 1名様 ¥11,000(税込)
ペアシート センター [2名様] 1名様 ¥10,450(税込)
ペアシート L/R [2名様] 1名様 ¥10,450(税込)
サイドボックス [2名様] 1名様 ¥8,800(税込)
サイドソファー [2名様] 1名様 ¥8,800(税込)
アリーナシート [1~4名様] 1名様 ¥9,900(税込)

▼本公演は通常の公演時とは座席/シート名が一部異なります

※座席のレイアウトは変更になる可能性がございます。

ARTIST COCKTAIL

カクテル名

やくしゃ唄

コーヒーと生姜の香りをスパークリングワインで優しく包み込んだ一杯。香りたつ大人の色気と魂の"役者唄"からイメージしたスペシャルカクテル。
(Bartender:Kousuke Igarashi)

ARTIST'S INFORMATION

DISCOGRAPHY

佐藤浩市
『役者唄 60 ALIVE』
(ユニバーサル ミュージック)

  • HMV
  • Listen on Apple Music

OFFICIAL SITE

佐藤浩市

小澤征悦

吉田栄作

youtube VIDEO

  • youtube
  • youtube

このアーティストの関連公演

ライヴ・ビューイング(先行上映会&トーク)&インターネット配信ライヴ
佐藤浩市「役者唄 60 ALIVE」Live at Blue Note Tokyo

LIVE REPORTS >