WELCOMING THE DELIGHTFUL TASTES ブルーノート東京のオリジナルビールとワイン。
音楽に、会話に、そして料理により添う味わいを、是非ご堪能ください。

BLUE NOTE TOKYO BEER

最高の気分を演出する爽やかさ。
待望の第二弾も登場。

 ブルーノート東京でライヴや食事を楽しむ時にぴったりのビールが「Blue Note Tokyo Beer」。第一弾のセッションIPA「Session」に続き、9月からは新たにアメリカン・ウィート・エール「Cloud 9」が登場した。
 柑橘系のフレーバーが口の中に広がる「Session」は、アルコール度数を5%に抑えた、何杯でも続けて飲みたくなる逸品。ステージ上の熱いセッションで火照った身体を鎮めるのにもぴったりということもあって、クラフトビール党ではなかった方々にも好評を博している。
 そして、待望の第二弾「Cloud 9」は小麦の柔らかな風味とアマリロホップとカスケードホップの華やかな香りを生かしたビール。小麦のビールといってもドイツのへーフェ・ヴァイツェンなどとは違い、ホップの苦みが効いた爽やかなビールに仕上がっている。炭酸度が低めなので、料理と一緒に楽しむのにもぴったり。魚介類やチキンやポークに合わせてもいいし、サラダなどとも相性抜群だ。
 「Cloud 9」とは「最高の気分」を表す俗語で、テンプテーションズの名曲のタイトルとしても有名。柔らかな泡と最上級の喉ごしを、極上の音楽とともに味わってみてはいかが?

左:Session 右:Cloud 9
各 330ml ¥1,188 (税サ込) / 550ml ¥1,663 (税サ込)

photography = Jun Hasegawa

BLUE NOTE TOKYO WINE

ソムリエが厳選した
ワイナリーとのコラボレーション。

 ライヴがメインと思われがちなブルーノート東京だが、料理とワインは、実は音楽と肩を並べるくらいのラインナップ。シックな空間には、やはりワインが似合い、また、ワインに精通したソムリエとの会話から今日のワインを決めるのもお薦めです。
 今回登場するブルーノート東京オリジナルラベルのワインは、ポルトガルのワイン。フランス、イタリア、アメリカなどワイン銘醸地のボトルが並ぶリストの中にあって、当店でも遊び心が利いたチョイスです。
 赤白ともにポルトガル固有のブドウ品種で造るワインは、どちらもフルーツを感じるミディアムボディながら、口の中で長く広がるエレガントな余韻。赤ワインは丸みを帯び酸味や渋みが少なめ、白ワインはスパイシーかつフラワリーと、上品で芯の通った味わいで程よいボリューム感がうれしいボトルです。
 ライブの前に喉を潤すにも、演奏後にグラスを傾け充足感に浸るもよし。またボトル1本を前菜からメインまで食事と合わせても。まさにブルーノート東京を楽しむためのワインです。

マルケス・ダルメイダ[ポルトガル/カルム]
白:Marques d'Almeida Branco 15
赤:Marques d'Almeida Tinto 13

Glass ¥1,128 (税サ込) / Decanter ¥2,732 (税サ込)
Bottle ¥4,633 (税サ込)

photography = Yoshiaki Amada

※ブルーノート・ジャパン系列の〈BLUE BOOKS cafe 自由が丘〉、〈cafe104.5〉、〈TUNE sapporo〉でも販売しております

Tweet